ペットショップでティーカッププードルとペットシーツを購入

ペットショップ

cat

ペットショップには犬や猫を始め、鳥やうさぎなど様々なペット(愛玩動物)が売られています。
近年では、犬や猫などの他にも、ヘビやワニ、カメなどの爬虫類、カエルやイモリといった両生類も売られています。

日本のペットショップのルーツは江戸時代にあると言われています。
当時は、今ほど多くの種類のペットが流通していない状態で、鳥獣店と呼ばれていました。
ペットの中でも特に人気の犬や猫が日本でも売られるようになったのは、明治時代以降のことです。
畜犬商と呼ばれる専門商は、個体の販売だけでなく繁殖まで行うようになり、今で言うブリーダーのシステムが生まれました。
そして昭和の高度経済成長期に入ると、贅沢な趣味として熱帯魚がブームになり、全国各地で熱帯魚店が生まれ、同時にペットショップの数も増えていきました。

ブリーダー

ペットショップ以外でも、犬や猫などのペットを購入する事ができます。
それはブリーダーから購入するという方法です。
ブリーダーというのは、主に動物の繁殖や改良に従事する人のことで、ペットとして販売される動物を繁殖したり、産業動物の繁殖を行ったりしています。

ペットショップとブリーダーの違いというのは、簡単に説明するとブリーダーは生産者で、ペットショップは販売業者です。
ブリーダーは、基本的には自分の一番好きな犬種を繁殖させ、その犬達を販売という仕事です。

メリット

pet

ペットショップを利用するメリットとして、たくさんの種類のペットたちと出会う事ができるということです。

ブリーダーから購入するとなると、特定の犬種しか販売されていない場合が多いですが、お店なら様々な犬種を見る事ができます。
それに、中にはティーカッププードルや豆柴といった人気の高い犬なども売られたりしていますので、希望の犬種がある場合はお店で購入する方が良いです。
ショップでは犬や猫などのペット以外にも、エサやペットのおもちゃ、ペットシーツなどが販売されていますので、ペットを飼う為に必要な一式を全て揃える事が出来ます。